• ホーム
  • NEWS
  • ブルーライト(青色光)について
  • ブルーライト(青色光)について

    電磁波の中で、人の目に見える波長を「可視光線」と呼びます。皆さんが光と呼んでいる範囲です。
    「可視光線」は、人の視覚においての分け方です。波長は、nm(ナノメートル)単位で表されます。
    「可視光線」の波長の範囲ですが、下限は360nm~400nm 上限は760nm~830nmと言われています。
    人の目で見ることが出来ない波長の短いものを「紫外線」、波長の長いものを「赤外線」と言います。
    これらは、眼に見えない光なので「不可視光線」とも呼ばれています。

    ブルーライト(青色光)と呼ばれるのは、波長が380~500nm(ナノメートル)です。
    眼科の分野では、380nm~530nmまでの範囲を
    「高エネルギー可視光線」high-energy visible light, HEV lightと呼びます。
    (下図は三井化学HPより引用)


    このHEVは、加齢黄斑部変性の原因の1つと考えられています。

    またブルーライトの範囲では、様々なダメージがあると考えられています。
    (図はブルーライト研究会HPより引用)

    ブルーライト研究会の「網膜へのダメージ」では以下の記載があります。
    目をカメラにたとえるなら、角膜はフィルター、水晶体はレンズ、網膜はフィルムのようなもの。
    私たちは、外界で散乱している光をフィルターやレンズで屈折させ、
    網膜に集めることで初めて「モノを見る」ことができます。
    ところが、紫外線やブルーライトのような強い光は、
    角膜や水晶体で吸収されず、ストレートに網膜に達してしまいます。
    たとえば、「太陽の光を直接見てはいけない」と言われるのは、
    強烈な光によって網膜がダメージを受けてしまうから。
    また、たとえわずかでも、紫外線やブルーライトを浴び続けると、
    網膜の中心部にある「黄斑」がダメージを受け、
    加齢とともに増える眼病「加齢黄斑変性」の原因になる場合があります。
    加齢黄斑変性は、アメリカでは65歳以上の失明原因の第1位。日本でも近年急速に増加しつつあり、
    パソコンなどのLEDディスプレイによって暴露するブルーライト増加の影響が指摘されています。

    最近の調査では、3歳児から6歳児の半数がスマートフォンを使用しています。ブログにて紹介しています。

    ブルーライトによって様々なダメージの詳細はブルーライト研究会のページをご覧下さい。

    是非ブルーライト(HEV)対策を行ってください。
    メガネを作成の際には、ブルーライトカットレンズを選択して下さい。

    リザックではHOYAレンズのオプション「Raygard435」
    SEIKOレンズオプション「フロンティア」を、推奨販売しています。