メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • ニュース
  • 調節機能解析装置の紹介
  • 調節機能解析装置の紹介

    調節機能解析装置とは、
    ピントを合わせる時に働く毛様体筋の負荷(調節微動)の
    状態をグラフで表す機器です。
    後ほど解説します。

    NHKのHPから引用しています。
    ためしてガッテン あなたの目にベストマッチ!「幸せメガネ」SP”・
    「楽に見えるメガネ」の作り方!カギは”楽な視力”?

    いまや国内の7500万人以上が使っている、メガネ。
    実は、目の疲れ・頭痛や肩こりなどの原因の一つが、
    メガネが「合っていない」ことだと言われているんです。
    長時間、運転をしていると目が疲れる…。
    デスクワークなどで近くを見続けると頭痛・肩こりが…。
    それ、もしかしたら、目からのSOSかもしれません。

    そこで取材したのが、
    「楽に見えるメガネ」って、どんなメガネ?どうやったら作れるの?
    ということ。たどり着いたのは“楽な視力”の存在でした。
    “普通の視力”だけを基準に作ったメガネを使っている方は要注意?
    目とメガネの専門家に、徹底的にお聞きしました。
    「メガネが合っていない方が8割~9割ではないかと思います」
    と話すのは、30年にわたり、4万人以上の目とメガネを診察してきた、
    日本眼光学学会理事の梶田雅義(かじた・まさよし)医師。
    病院を訪れる患者さんの多くが、
    検査してみるとメガネが「合っていない」状態とわかるのだと言います。
    梶田さんは、”楽な視力“という言葉を理解することで、
    さらに「楽に見える」を追求したメガネに近づくことができると話します。
    カギとなるのは、目のピント合わせを司る
    毛様体筋(もうようたいきん)」という筋肉。
    目のレンズの役割をする「水晶体」の厚さを調節し、
    ピントを様々な距離に合わせてくれています。

    ここで調節力・水晶体・毛様体筋について、
    福津市、なかしま眼科医院長「中嶋康幸医師」
    水晶体・毛様体筋などの詳しい解説ページをご覧ください。
    今回中島康之医師に使用許可を頂き記載しました。

    lens spring(水晶体バネ) と choroidal spring( 脈絡膜バネ)が
    zonular springs( チン小帯バネを介して互いに引っ張り合い拮抗。

    近見時、ciliary muscle(毛様体筋) が 収縮することにより、
    lens spring(水晶体バネ)の力を助ける働きをします。

    その結果、水晶体が前後方向に厚みを増し、
    前面と後面の曲率半径を小さくし、

    水晶体の屈折力を増加させます。
    (なかしま眼科HPより抜粋)
    ふだん、ピントを合わせるために大忙しの毛様体筋
    過剰な負荷がかかると、
    目の疲れ、頭痛、肩こりなどを起こす一因になってしまいます。
    なるべく負荷をかけないコツは、
    「毛様体筋が働かなくてもピントが合う距離」を知ることです。
    ガッテンのTVにて梶田眼科院長「梶田雅義」先生
    「どこを見るともなくボーと見ているときに、
    どこにピントが合っているか?を探す実験」を行いました。
    梶田さん監修の元、視力1.0の方々に参加して頂き
    暗闇で一瞬だけ光らせた視標(視力検査で使う小さな「C」の文字)が
    どの距離で見えるか?という実験を行ってみました。
    まずは明るいところでの見える距離の実験結果です。
    ほぼ同一の距離とわかります。

    暗い場面で、毛様体筋がピント合わせをしていない状態にて、
    どの距離の視標が見えるかを測定してみたのが次の画像です。

    すると、同じ1.0の視力の人であっても、距離はバラバラ。
    「毛様体筋が働かない=負荷のかからない状態」で
    「どの距離にピントが合っているか」は、人によって違い、
    測定してみないとわからない「目の個性」
    というわけです。
    この距離が楽な視力です。
    ぼやっとしているときのピントなんです。
    どれだけ遠くが見えるか、
    という普通の視力とはまた別の個性なんですね。遠くのものを見ようとすると、
    実は水晶体を薄くしてピントを合わせます。
    その値が「視力」と言われます。
    これは「無理をした視力」の場合が多いです。
    明るいところの実験はこの「無理した視力」で
    1.0見えているということになります。
    暗闇になると毛様体筋はリラックスした状態になります。
    毛様体筋が働いていない状態で見える視力が
    どこを見るともなくボーと見ているときの「楽な視力」
    になるわけです。

    見たいものが楽に見える!”幸せメガネ”をつくるには?

    メガネのレンズは、
    この”楽な視力”の位置を前後に自在にずらすことができます。
    「メガネをかけてよく見る距離」を、
    “楽な視力”=「楽に見える距離」に合わせたメガネ…。
    これこそが「楽に見えるメガネ」の正体だったのです。

    「楽な視力」を知る方法の一つが
    梶田眼科院長「梶田雅義」先生
    監修して完成した機器が「調節機能解析装置」
    と呼ばれる装置で検査を行うことです。
    この装置は2018年2月現在、国内に500台ほどしかなく、
    (あなたの目にベストマッチ!「幸せメガネ」SP放送時点)
    どこでも検査が受けられるわけではありませんが、
    この装置がある病院で処方箋をつくってもらうことで、
    よりよいメガネを作ることができるのでは、
    と梶田さんは話していました。

    「調節機能解析装置」では、毛様体の筋肉の状態をグラフ化して、
    現在どのような眼の状態になっているかを見ることが出来ます。
    それによって、眼の度数測定方法や、
    選択するレンズの種類などを判断することが出来ます。

    その測定したグラフのモデルは以下になります。
    (梶田眼科HPの調節機能のページより引用)





    リザックではこの機器を活用して、
    皆様に快適な楽に見えるメガネのご提供を心掛けています。
    また必要に応じて眼科の受診をご案内しています。
    良く見えるメガネ から 楽に見えるメガネ に変更しませんか?
    視力測定には1時間かかる場合もありますので、
    測定の予約を入れて頂く事をお勧めいたします。

    また必要に応じて「ハズキルーペ」を
    推奨販売しています。
    ハズキルーペ公式サイトにて
    医師の見解で
    梶田眼科院長「梶田雅義」先生
    絶賛しています。

    ハズキルーペの当店の解説は
    こちらをご覧ください。