• ホーム
  • 補聴器
  • 補聴器
  • 補聴器


    はじめまして、補聴器担当者の中村です。

    聞こえなくなることを「難聴」と表現しますが、「難聴」には様々な原因があります。リザックでは、最初に耳鼻咽喉科の受診をお願いしています。特にある日突然耳の聞こえが悪くなった方は、早急に耳鼻科に行きましょう。「突発性難聴」と呼ばれる症状の場合は、救急対応が必要な一刻を争う病気だからです。耳鼻科受診は、聞こえづらさの原因を特定する為です。中には治療で治る方もあります。耳鼻咽喉科で補聴器装用が有効かどうかを診察して頂き有効であることが確認できた場合は、耳鼻咽喉科にて紹介状・オージオグラムデーターなどをご持参ください。補聴器は、使用目的によってご提案させて頂きますが、「自分も使ってみよう」という気持ちがないと効果が得られません。またご購入後の定期的な補聴器の調整がとても大切ですので、調整に定期的にご来店が可能であることが必要です。(万一ご来店が難しい方は、一度ご相談下さい。)
    補聴器のご相談に関しては、出来ればご家族の方とご一緒にご来店下さい。補聴器を快適に使える為には、ご家族の協力が必要なのです。リザックで補聴器を買ってよかった!とのお言葉を頂けるため、一緒に音作りをしていきましょう。

    ご購入後からがとても重要になります。
    定期的に以下の測定を行います。(補聴器を調整するための必要な測定です。)
    聴力測定(音を聞き取る力の測定)・語音弁別検査(言葉を正しく聞き分ける力の測定)等
    様々な補聴器調整に必要な測定や調整には、お時間がかなり必要になります。
    通常は1時間~2時間は必要になりますので、ご来店前にご連絡頂けると待ち時間のご案内が出来ます。

    リザックの補聴器Q&Aにはご質問の回答を載せています。

    また最新の補聴器では様々なシーンでも対応が可能になりました。
    詳しくは店頭にてご説明させて頂きます。

    認知症と難聴についての解説ページは、下のバナーからご覧ください。

    ナビゲーション

    リザックの補聴器ページは
    下のナビゲーションをご活用ください。
    1:耳の聞こえの仕組み
    音はどのように聞こえるのか?
    聞こえの仕組みや難聴について動画をご覧ください。
    2:補聴器は両耳装用が基本です。
    当店では両耳装用にて効果のある方は、積極的にお勧めしています。
    その理由がわかります。
    3:自宅で2週間試聴レンタルのお勧め
    補聴器の不安を解消するために、購入前にレンタルをお願いしています。
    4:どの音の高さが聞こえないかチェックしましょう。
    どの音が聞きつらいのかを簡易的にチェック出来ます。
    5:補聴器の選び方 補聴器には様々な種類があります。
    まずは形→シリーズ→クラスと選びましょう。
    6:補聴器の用途別選び方
    用途別にまとめてあります。
    7:購入後の保証
    2年保証+3年以降も安心のスマートリペア+(プラス)プランがあります。
    8:補聴器トップページ