メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • ニュース
  • これからの補聴器「Signia Xperience(シグニア エクスペリエンス)」
  • これからの補聴器「Signia Xperience(シグニア エクスペリエンス)」


    現在販売されている[Signia Nx ]は、
    現時点世界最高クラス補聴器ですが、
    今回新しい商品「Signia X」は世界初
    【Xセンサー】をプラスしました。
    現行モデルの[Signia Nx ]の機能に
    追加した【Xセンサー】により
    世界TOPレベルの音響効果を
    聴くことが出来ます。


    Signia Xperience(シグニア エクスペリエンス)

    人間は常に動いています。
    仕事、家事、散歩やジョギング、買い物、
    家族や友人との会話や食事、
    家の中でリラックスしているときでも、
    人間の活動の90%は体の動きを伴い、
    周囲の環境は常に変化しています。
    そして、家や車等比較的静かな環境から
    ショッピングエリアのような賑やかな場所に移動すると、
    音響環境が変化します。
    既存の補聴器は、静かな場所であれば周囲の音を収集し、
    騒がしい場所にいれば前方にある音に
    フォーカスするように、主に二つのシーンに
    対応するように機能を設計してきました。

    しかし、一つの方向にフォーカスし、
    周りの音を雑音として処理してしまうと、
    重要なことを聞き逃すことがあります。
    さらに、既存の補聴器は装着者が
    動いていないと想定しているため、
    動いている時に会話に集中することは困難でした。

    OWN VOICE PROCESSING(Nx~)

    自分の声を補聴器に学習させて、
    自分の声だけを低減することにより
    補聴器の問題である「自声の響き」を抑えます。
    自分の声が一番よく聞こえるのは自分です。
    自分の声は左右の耳では同じように聞こえますが、
    自分の前後では聞こえ方が違います。
    2つの指向性マイクで常時監視することで
    「Dual prossing」のテクノロジーは、
    補聴器の革命的な技術ともいえます。


    動画の解説:
    左の男性の声を学習させたSignia Nxを、
    右の男性に装着してもらっています。
    真ん中のiPADの画面には、Signia Nxから聞こえる
    Bluetoothからの音声データーが映っています。
    左の男性の声では全く聞こえない処理を意図的に
    調整している為、反応しないということです。
    自己紹介の画面で、右側の男性が「ハロー」
    と言葉を発した瞬間に、
    真ん中のiPADが音声に反応したことを確認してください。
    左側の男性の声には
    全く無反応であることがよくわかります。
    その後「1.2.3.4.5」と耳元でささやきますが、
    その時は反応していません。
    (本来は、補聴器には自分の声を学習させます。効果を見せるため、相手の声を学習させています)

    Xセンサー(acousticmotion sensors)

    環境と動きを認識していつでも、
    どこでも最適な音を届ける。
    様々な動きを察知して自動で音響効果を調整する、
    「Xセンサー」(acousticmotion sensors)
    (超広角センサー ✕ モーションセンサー)により
    補聴器で音の切り替えは不要になりました!

    1:独自の音声処理(OVP)
    自分の声の音質を向上。
    2:ダイナミックサウンドスケープ処理(DSP)
    音声信号とノイズ信号の方向を識別し、
    サウンドとスピーチの明瞭度を向上。
    3:モーションセンサー
    座れば前方フォーカス、散歩中はワイドに、
    聞こえを自動で最大化。
    4:超広角センサー
    周囲360°の声や物音を常に分析、
    音の明瞭度を向上。

     

     


    今までの補聴器とは全く違います。
    Xperienceは貴方に新しい世界を提供します。
    もっと楽しく会話しましょう!!

    ラインナップ

    補聴器ユーザーの感想

    リザックお勧め商品 Styletto X (スタイレット エックス)

    補聴器もイヤーウェアの時代。

    さあ、会話を楽しみましょう!