メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • 補聴器 補聴器
  • 補聴器用途別のご案内
  • 補聴器用途別のご案内

    リザックでは Signia社の補聴器を取り扱っています。
    まずは動画をご覧ください。

    1:一番お値打ちに、両耳装用を始めたい方にお勧め

    機種:耳掛け式補聴器 Prompt
    こちらの補聴器は、以前では片耳10万以上の性能を搭載していた機種と同等な性能です。
    補聴器を初めてお使いになりたい方で、
    耳掛け式補聴器の装用でも問題ない方にお勧めします。

    チャンネル数:8チャネル
    両耳価格¥100,000 (片耳¥50,000)

    2:電池交換が苦手な方にお勧め

    最新式の充電式補聴器です。2タイプあります。
    持ち運びに便利なタイプ「スタイレットシリーズ」
    置くだけ簡単充電の「チャージアンドゴーシリーズ」

    スタイレットシリーズはケースがモバイル充電器の役割を果たします。
    このモバイル充電ケースは3回分の補聴器充電を可能にします。
    本体は、フル充電すれば最大19時間使用が可能です。
    30分スピード充電でも最大5時間使用が可能です。

    チャージアンドゴーシリーズは、置くだけ簡単充電です。
    フル充電で最大21時間使用が可能です。
    30分スピード充電でも最大6時間使用が可能です。

    チャンネル数 16チャンネル~48チャンネル
    スタイレットシリーズ両耳価格¥303,200~(片耳価格¥173,000~)
    チャージアンドゴーシリーズ両耳価格¥323,200~(片耳価格¥183,200~)

    3:音楽を楽しみたい方にお勧め

    機種:3primax~・3Nx~・3 Charg&Go Nx~
    ハイレゾ音楽を楽しむ方にお勧めな補聴器です。
    切替にて1モードを選択します。(動画は7primaxと7Nxの3モードです)
    耳穴型も選択出来ます。

    チャンネル数は、24チャンネル~48チャンネル搭載まであります。
    両耳価格¥500,000~ (片耳¥250,000~)

    4:自分の声の響きで補聴器装用に関してお悩みな方にお勧め

    機種:3Nx~シリーズ・スタイレットコネクト
    今まで補聴器使用の方で、両耳装用時に生じる自分の声の響きの不満に対して
    新技術の「自声抑制」(OWN VOICE PROCESSING)機能でその不満を解消出来ます。
    専用のストリームラインを別途ご購入されると、TVの音を自分の補聴器で聞くことができます。
    詳しい説明はこちらのリンクからどうぞ。
    こちらは、耳掛型・RIC型のみです。

    チャンネル数は24チャンネル~48チャネル搭載まであります。
    両耳価格¥540,000~ (片耳¥270,000~)

    5:後ろの方の声を聞く方にお勧め(タクシードライバー・教員・講師)

    機種:5primax~・5Nx~・スタイレットコネクト3Nx~

    後方からの声をきちんとキャッチ出来る機能が付いています。
    (スピーチフォーカス 前後)
    車で後部座席の方と会話する場合に、会話を逃しません。
    耳穴型も選択できます。(5primax・7primaxにて、Twinマイク商品を両耳に装用した場合のみ)
    チャンネル数は32チャンネルです。
    両耳価格¥680,000~ (片耳340,000~)

    6:相手の声を前後左右で聞きたい方にお勧め(カルチャースクール等)

    機種:7primax ・7Nx・スタイレットコネクト7Nx
    相手がどこに居てもレーダーのようにしっかり声をキャッチします。
    (スピーチフォーカス 360)
    現在販売されている最上位の補聴器になります。
    耳穴型も選択できます。(7primaxにて、Twinマイク商品を両耳に装用した場合のみ)
    反響音抑制機能(エコーシールド)も付いています。

    チャンネル数は48チャンネルです。
    両耳価格¥980,000~ (片耳490,000~)

    7:TVを一緒に楽しみたい方

    カタログに左のマークがついているモデルは、
    Bluetooth(ブルーツース対応)の補聴器になります。
    ストリームラインTV(税込¥30,000)を付けて家族でTV観戦しましょう。

     

    8:性能比較

    Signia  Nx シリーズは、Pure 10・IIC・CICはブルーツース未対応になります。

    リザックの補聴器ページは
    下のナビゲーションをご活用ください。

    ナビゲーション
    1:耳の聞こえの仕組み
    音はどのように聞こえるのか?
    聞こえの仕組みや難聴について動画をご覧ください。
    2:補聴器は両耳装用が基本です。
    当店では両耳装用にて効果のある方は、積極的にお勧めしています。
    その理由がわかります。
    3:自宅で2週間試聴レンタルのお勧め
    補聴器の不安を解消するために、購入前にレンタルをお願いしています。
    4:どの音の高さが聞こえないかチェックしましょう。
    どの音が聞きつらいのかを簡易的にチェック出来ます。
    5:補聴器の選び方 補聴器には様々な種類があります。
    まずは形→シリーズ→クラスと選びましょう。
    6:補聴器の用途別選び方
    用途別にまとめてあります。
    7:購入後の保証
    2年保証+3年以降も安心のスマートリペア+(プラス)プランがあります。
    8:補聴器トップページ