メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • 補聴器 補聴器
  • 補聴器の基本は両耳装用です。
  • 補聴器の基本は両耳装用です。

    片耳だけの補聴器は、片目で見るのと同じです。
    片目で見ると視野が狭まり遠近感が分かりません。
    同様に、片耳で聞いても、音の広がりや方向感は分かりません。
    目も耳も二つあることにはちゃんと理由があるのです。
    また、耳の機能を考えると、
    片耳装用では聞き取る能力が発揮出来ないだけではなく
    装用していない耳の聞き取り能力が低下してしまいます。
    聞き取り能力とは、言葉を正しく聞き分ける力のことをいいます。(語音別明瞭度)
    しかも音の方向感覚ならびに距離感もつかめなくなります。
    ですから、当店の考え方ですが
    左右の聞こえに大きな差がない方には両耳装用をお勧めしています。
    但し、両耳装用しても明らかに効果が得られない方は片耳のみの販売になります。

    耳の負担が減るからラクラク

    1:疲れにくい

    片耳に頼ると、聞こうと努力しなければならないので、
    肩に力が入り疲れてしまうことも。
    両耳装用なら、バランスよく聞こえるので
    負担が軽減されます

    2:騒音下でも力を発揮!

    両耳装用の方が、
    必要な音を聞き取りやすいので
    にぎやかな場所でも会話がラクになります。

    3:高性能の補聴器の場合両耳間通信を行い快適に聞こえる。

    高性能な補聴器の場合、左右の補聴器が通信を行い
    周囲の音環境を瞬時に認識します。
    相手の声にフォーカスするので
    よりハッキリ、もっと楽に、
    会話を楽しめます。
    (Signia Nx シリーズ)

     

     

    方向感覚や距離感がつかみやすい

    音の方向や距離をキャッチ!
    両耳装用だと聞こえの範囲が左右に広がるので、
    どこから音がきているか分かりやすくなります。

    聞き取り能力の低下を予防する可能性

    1:聞き取り能力って何?聴力とは違うの?

    聴力=音を聞き取る力
    聞き取り能力=言葉を正しく聞き分ける力
    (聞き取り能力とは、人が「あ」と発音したとき、脳は声の特徴に関わらず
    音のパターンを割り出して「あ」と認識します。この能力が聞き取り能力です)

    一般的に、聴力が下がったら音量を上げさえすれば聴こえるようになると思われがちですが、
    聞き取り能力が衰えている場合は、音量を上げても言葉を正しく聞き取れないことがあります。

    2:片耳装用だと、補聴器をつけていない方の耳の聞き取り能力が、
    次第に衰えていくという研究結果があるようです。

    リザックの補聴器ページは
    下のナビゲーションをご活用ください。

    1:耳の聞こえの仕組み
    音はどのように聞こえるのか?
    聞こえの仕組みや難聴について動画をご覧ください。
    2:補聴器は両耳装用が基本です。
    当店では両耳装用にて効果のある方は、積極的にお勧めしています。
    その理由がわかります。
    3:自宅で2週間試聴レンタルのお勧め
    補聴器の不安を解消するために、購入前にレンタルをお願いしています。
    4:どの音の高さが聞こえないかチェックしましょう。
    どの音が聞きつらいのかを簡易的にチェック出来ます。
    5:補聴器の選び方 補聴器には様々な種類があります。
    まずは形→シリーズ→クラスと選びましょう。
    6:補聴器の用途別選び方
    用途別にまとめてあります。
    7:購入後の保証
    2年保証+3年以降も安心のスマートリペア+(プラス)プランがあります。
    8:補聴器トップページ