メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • 補聴器
  • 耳の聞こえを学びましょう
  • 耳の聞こえを学びましょう

    人が会話を認しくするためにはまずはその会話の音を聴くシステムが正常に機能しなければなりません。
    下の図は聴くシステムの部分になります。

    一度、シバントス社作成の動画をご覧ください。

    音が聴神経の電気信号に切り替わるまでが。聴くシステムになります。

    聴神経から伝達された電気インパルスを脳が受け取って処理を行います。
    (動画後半部分の有毛細胞がゆれることによって電気信号で聴神経を伝わって脳に伝達します)
    ここまでは一般的な説明ですが、問題は脳での処理になります。

    脳では右からの聞こえを左脳、
    左からの聞こえを右脳で処理します。
    (目の視覚情報も同じ仕組みです)
    聴神経から大脳皮質の聴覚野で認識をします。
    つまり聴覚野まで信号が伝達して音を感じます。
    左右の聴こえ方(音の強弱)で、
    音の方向性と距離感を認識します。
    左右の音の信号を合成して音の内容を理解するため、
    両耳装用が必要とされます。
    信号の合成によって作られたデーターが、
    脳のデーターと照合ができない場合に、
    言葉の認知する能力が低下します。
    聴神経までの伝達で障害になると難聴になります。

    有毛細胞からの情報が何かの原因で正確に使わらなくなることが難聴になります。

    難聴になって脳のデーター照合がうまくいかなくなると、
    言葉の判別が出来なくなります。「何を言ってるかわからない」「聴こえない」等
    脳は常に聴覚からの刺激を受け、日々音を聞くトレーニングをしています。
    この刺激が無くなると、聞く力が低下するだけでなく、
    次第にコミュニケーション能力も衰退していきます。
    そのため、いざ補聴器を装用した際に聞こえに慣れることが難しくなってしまいます。

    リザックではお客様の聞こえの状態をご説明後、
    どのようにして聞こえを改善するかのご案内をしています。
    お気軽にご相談ください。

    リザックの補聴器ページは
    下のナビゲーションをご活用ください。

    1:耳の聞こえの仕組み
    音はどのように聞こえるのか?
    聞こえの仕組みや難聴について動画をご覧ください。
    2:補聴器は両耳装用が基本です。
    当店では両耳装用にて効果のある方は、積極的にお勧めしています。
    その理由がわかります。
    3:自宅で2週間試聴レンタルのお勧め
    補聴器の不安を解消するために、購入前にレンタルをお願いしています。
    4:どの音の高さが聞こえないかチェックしましょう。
    どの音が聞きつらいのかを簡易的にチェック出来ます。
    5:補聴器の選び方 補聴器には様々な種類があります。
    まずは形→シリーズ→クラスと選びましょう。
    6:補聴器の用途別選び方
    用途別にまとめてあります。
    7:購入後の保証
    2年保証+3年以降も安心のスマートリペア+(プラス)プランがあります。
    8:補聴器トップページ