• ホーム
  • BLOG
  • スマートフォンが見にくくないですか?疲れはないですか?
  • スマートフォンが見にくくないですか?疲れはないですか?

    遠方が見える状態で、スマートフォンが
    眼から何センチ離れているかチェックしてみましょう。
    30センチ以上離して見ていたり、見るときに眉間にシワを寄せたり
    一生懸命ピントを合わせている感じがする場合は
    「調節力」の衰えが原因になります。
    この衰えが「老眼」と呼ばれるものですが、
    「スマホ老眼」と「老眼」では、症状が同じでも、
    その原因は異なります。「調節力と老眼」

    スマートフォンの画面を長い時間じっと見めた結果、毛様体の緊張が長時間になり、
    毛様体筋が疲れて動きが悪くなった状態になることがあります。
    しかし緊張が無くなれば回復して近くが見えるようになります。
    最近の若い方は、長時間のスマートフォン使用が多くなり
    毛様体の疲労が重なって、徐々に回復しなくなることが起こります。
    やがて、ピントを合わせる機能に影響がでます。
    この状態を「スマホ老眼」と言います。
    また、網膜に届く光の中で紫外線側に近い光を「ブルーライト」と呼びますが
    パソコンやスマートフォンからのブルーライトはかなり眼にダメージを与えている事が
    研究結果からわかっています。
    一番危険なのは「テクノストレス不眠」です。
    毛様体の緊張状態を測定する手段として、
    梶田雅義先生が開発した機器「調節機能解析装置」が必要になります。
    リザックでは、この解析装置を導入しています。
    眼の疲れが取れなくてお困りの方は是非ご相談にご来店ください。
    現在の眼の状態をご説明後、快適に見える「楽なメガネ」をご提案します。
    レンズはブルーライトカットのレンズにて、
    必要であれば、アシストタイプのレンズにてご提案します。
    お気軽にご来店ください。