• ホーム
  • BLOG
  • レンズオプションで「RayGuard435」のおすすめ
  • レンズオプションで「RayGuard435」のおすすめ

    以前は紫外線カットレンズとして、 UV400 と表記されるUVカットレンズが主流でした。
    近年、「ブルーライト(青色光)」と呼ばれる光の波長範囲が問題視されています。
    太陽光から通常はブルーライトは出ていますが、
    LED照明やパソコン、携帯電話の液晶からもブルーライトは出ています。

    ブルーライトの解説はこちらのページをご覧ください。

    今回ご紹介するレンズは、HOYAレンズのみのオプションですが、
    「RayGuard435」といいます。
    HOYAのブルーライトカットレンズ「Ray Guard 435(レイガード435)」は

    このように記載されています。
    ここで、よく誤解がありますので解説します。
    紫外線で懸念される眼の病気は、角膜炎や白内障ですが、ブルーライトで懸念されるのは、
    ドライアイや眼精疲労、加齢黄斑部変性などが挙げられます。

     

    また、ブルーライトにより、睡眠障害や肥満などにも影響があると研究発表があります。

    「JIS規格T7333」のブルーライトピーク周波数が、
    435nm~440nmであるため、(青色光ハザード関数)
    その部分をしっかりとカットしている「レイガード435」
    他社のブルーライトカットレンズのピーク周波数420nmよりも
    眼に対して効果的であることがいえます。
    夜就寝前にどうしてもスマートフォン操作する方や、
    長時間パソコン作業を行う方は是非ご相談下さい。

    さらにブルーライトカットの効果を増やしたい方は、
    VenusGuardコートラピスが効果的です。
    紫曲線がレイガード435+VenusGuardコートラピス(RG435-LAPIS)です。
    レイガード435はブルーライト吸収タイプ
    VenusGuardコートラピスは反射タイプですので
    二つを導入すれば、カット率は最大になるわけです。

     

    レンズカラーに関しては、店頭にて見本があります。

    価格は、レンズ1組価格+¥4,000(税抜)です。