メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • BLOG
  • 文字が見にくいのは乱視かも?
  • 文字が見にくいのは乱視かも?

    最近文字が見にくいという方、
    そんな方が最初に思いつくのが「老眼」ですが、
    実はその原因が「乱視」ということもあるのです。
    乱視についてですが、
    乱視は眼に入ってくる光の向きによって、
    光線の結像位置が変わってしまう状態をいいます。
    乱視は活字を見たときに文字がにじみます
    下図はその一例で、
    縦方向の光は網膜より後に結像し(遠視状態)、
    横方向の光は網膜より手前に結像(近視状態)
    していることを表しています。
    もちろん両方の結像点とも
    網膜の手前にある場合(近視の乱視)もあれば、
    逆に両方とも網膜の後にある場合(遠視の乱視)
    もあります。

    また、屈折力の最も強い経線と最も弱い経線は、
    必ず下図のように縦横の関係にあるわけではなく、
    人により斜め方向にもなります。
    この向きを乱視の軸とよび、
    屈折力が最も強い経線か垂直方向ならば「直乱視」、
    水平方向ならば「倒乱視」、
    斜め方向ならば「斜乱視」といいます。
    つまり「網膜に近いほうの線が濃く見える」
    ということになります。

    乱視によって文字が見にくい場合、
    眼精疲労の原因になります。
    是非一度ご相談にご来店ください。