メガネ(愛知眼科医指定店)・補聴器(Signia 認定販売店)・調節機能解析装置導入店   ・子供メガネ地域一番店

  • ホーム
  • BLOG
  • 3歳児検診はとても大切です。(改訂版)
  • 3歳児検診はとても大切です。(改訂版)

    こどもの視力に関わる検診は3歳児検診です。

    ここで子供の視力の異常が発見できない場合
    就学時検診にて発覚します。
    その時点で「弱視」が判明すると、
    お子様の視力は1.0見えない状態で生活することになります。
    3歳児検診では、ほとんどの自治体が
    視力測定キットにて【ランドルト環】を用いていますが
    ランドルト環を用いての視力検査の実施可能な%ですが、
    3歳0か月では約70% 3歳6か月では約90%と
    言われていますので、
    「自覚的視力検査が可能になるのが3歳頃」との根拠にて
    3歳児検診からになったわけです。
    3歳児検診についての練習方法をご参考下さい。
    リンク1:回答用の輪を使う方法で、お子さんが3歳6か月以下の場合に適しています
    リンク2:手や指で輪の切れ目を答える方法で、お子さんが3歳7か月以上の場合に適しています
    しかしもっと早期に対応出来れば
    弱視の子供は少なくなります。

    「たべたのだれかな?」

    3歳児検診のランドルト環は
    なかなか子供が認識するのが難しいとおもいます。
    また、お子様自身が嫌がる場合もあります。
    3歳児検診前までに視力トレーニングとして
    活用頂きたい本が「たべたのだれかな?」です。
    実は、高橋ひとみ教授が最初に考案したのが
    「たべたのだあれ?」でしたが(論文参照)
    桃山学院大学健康教育学教授 高橋ひとみ 論文
    今回は絵本版として出しています。

    今回高橋ひとみ先生が
    YouTube動画『たべたのだあれ?』を開発しました。

    高橋ひとみ先生は、視力検査直前に、
    動画 Youtube「たべたのだあれ?」で
    クイズ遊びをした後に、
    「たべたのだあれ?」 視力検査を試みました。
    その結果、1歳児も 2歳児も、
    ランドルト環の視力検査ができました。
    との報告がありました。
    今回、「たべたのだあれ?」視力検査なら、
    1歳児でも自覚的視力検査が可能なことが検証できました。
    「低年齢ほど弱視の治療効果は大きい」ので、
    1歳児の視力検査が可能ならば、
    3歳児健診を待つことなく実施してほしいと考えます。
    「たべたのだあれ?」視力検査の普及により、
    弱視になる子どもが減少します。

    視力について。

    子どもの目の発達
    視力というのは、「2点を2点として見分けることができる最小視角」と定義されています。
    直径7.5mm、太さ1.5mm、切れ目の幅1.5mmのランドルト環(右のCの指標)を5mの距離から見て、ランドルト環の切れ目の両端と眼のなす角度が、視角1分(1度の60分の1)で見分けられて、それ以上遠くからは見分けられない場合に、『視力1.0』と定義しています。
    ちなみに、視角が「2分」になると視力は1/2の『0.5』、
    視角「5分」だと1/5で視力『0.2』ということになるのです。

    視角は距離の逆数になるため、1.0の指標を2.5Mで見える場合は視角は2分・視力は0.5になります。

    目はカメラと同じで網膜に像をうつしますが、
    それだけでは物は見えません。
    その像が視覚伝導路によって大脳に伝えられ、
    はじめて見ることができます。
    視覚伝導路は生まれた時は未完成で、
    常に物を見て刺激を与えられることによって発達します。
    赤ちゃんは毎日、自然に物を見る訓練を積み重ねて、
    だんだん見えるようになるのです。
    お子様が誕生して、目を動かして物を見ますが、
    その視力は0.01くらいといわれています。
    このころは、明るい・暗いの違いと、
    物の形が分かるようになります。
    生後2か月くらいで、
    色がわかるようになるといわれています。
    その後、3か月で0.1くらい見えるようになり、
    動きものを少しずつ目を動かして
    見るようになるそうです。
    このように成長に伴って視力が上がっていきます。
    大脳の視覚野の働きの成長により視力の発達します。
    ヒトの視覚の感受性期間の図のように
    3か月~1歳半が最も高く、
    6歳~8歳くらいを過ぎると
    急速に衰えることがわかっています。
    【感受性期間のエンド】
    よって子供の目の発育は就学時までに
    決まってしまうわけです。

    テレビ西日本で放映の
    「はぐはぐ」の動画をご覧ください。

    弱視とは?

    何かの理由で物が見にくい状態におかれて
    視覚伝導路に刺激が与えられないと、

    赤ちゃんの視力の発達はとまって、
    目がよくみえなくなってしまいます。
    これが弱視です。

    (日本眼科医会のHPから抜粋)

    国立研究開発法人国立成育医療研究センター の小枝達也氏の
    「ヒトの視覚の発達と発達心理学」のPDFも是非ご覧ください。

    テレビ西日本で放映の「はぐはぐ」の動画をご覧ください。


    「3歳児健康診査(3歳児健診)」では、
    大切な視力(視機能)の発達に妨げがないかを
    早期発見するために行われます。

    保健センターから家庭に郵送される「視力検査セット」で、
    視力測定をできるだけ確実に行い、
    その結果をアンケート用紙に記入して、

    必ず「3歳児健康診査(3歳児健診)」を受信しましょう。

    日本眼科医会の3歳児眼科検診のすすめをご覧ください。

    公益社団法人日本小児科医会のホームページで
    気になるポスターがありましたので、今回紹介します。

    テレビ西日本で放映の「はぐはぐ」を再度ご覧ください。

    3歳児から6歳児の半数がスマートフォンを使用、ブルーライトカットが必須!

    3~6歳児の半数以上がスマートフォン・タブレットを日常で利用
    【子どものスマートフォン・タブレット利用調査結果】」

    がありました。詳細はこちらのページをご覧ください。

    内容ですが、3~6歳までの全年齢で、
    半数以上が「ほぼ毎日」もしくは「週に2~4日程度」
    スマホやタブレットを利用しています。
    6歳児は「ほとんど使わない」が44.1%(2014年)から27.9%(17年)に減少の為、
    小学校入学前の子供がスマホやタブレットを利用する機会は
    増加傾向であることがわかります。

    (カスペルスキーのニュースより引用)

    ここで問題なのは、ブルーライトの影響です。
    ブルーライト研究会の報告にもありますが、
    子供の一番心配なのが「睡眠障害」なのです。
    子供たちは、睡眠中に成長ホルモンを作ります。
    ブルーライトの影響により睡眠時間が少なくなったり、
    睡眠の質が悪くなれば、
    成長ホルモンの分泌量が減るわけです。
    それが原因で、子供の成長や、
    情緒の安定に関して、悪影響が生じます。
    睡眠時間が少ない子供は
    記憶を司る脳の海馬の体積が小さくなっているといわれます。
    また、子供のころ睡眠不足の場合に、
    認知症の発症率が高くなるといわれています。
    この世代の子供は
    最低12時間~14時間の睡眠が理想とされています。
    寝る前にスマートフォンをどうしてもする子供には、
    少なくともブルーライトカットのメガネ(レンズ)は、
    必須と思います。
    西日本TVの「はぐはぐ」の動画をご覧ください。


    自宅でで出来る簡単なブルーライト対策は、以下になります。
    1:就寝前の2~3時間は、テレビやパソコン・スマホ等の画面は見ないようにする。
    2:どうしても見ないといけない場合は、パソコン対策用のメガネをはめて見る。
    3:着信音や通知音が睡眠の妨げになる為、就寝時にはそばにスマホやタブレットを置かない。

    (重要)1歳をすぎたら、かかりつけの眼科を見つけてください。

    視覚の発達は6歳~7歳頃で終了します。
    【感受性期間のエンド】

    視覚の感受性期間のピークは3か月~1歳半です。
    保健センターから家庭に郵送される「視力検査セット」
    視力の1次検査を自治体が、親任せにしてるのが現状な為
    3歳児検診ですり抜けた子供がそのまま弱視になっているのが
    数多く見受けられるそうです。
    1歳になったら、眼科で異常がないかどうか受診させましょう!

    お勧めは「小児眼科」を併設しているところが望ましいです。
    小児科や小児歯科へ行くように、
    眼科も子ども専門の医療機関を利用するのが一番です。
    リザック周辺のお勧め眼科は、
    一宮市開明字郷中62-6にあります、
    「眼科やがさき医院」です。
    こちらの眼科は、日本弱視斜視学会
    「弱視・斜視を専門とする医師の一覧」の該当医院です。
    一宮ケーブルテレビICCの番組で、
    矢ヶ崎悌司医師のお話があります。
    是非ご覧ください。

    聴力測定について

    難聴を見逃さないため、
    日本耳鼻咽喉科学会から手引書が出ています。
    新生児期に聴覚障害はなく、
    後天性に感音難聴が生じる疾患は
    さほど多くはないのですが、
    先天性でない場合は、
    流行性耳下腺炎が原因の場合が多いです。
    一般的に言われるのはおたふくかぜです。
    しかし おたふく風邪から 難聴になるということは 、
    ほとんどの人が 知らないと思います。
    ムンプス難聴とよばれる原因ですが、
    ムンプスウイルスの内耳感染によるものです。
    NHKの連続テレビ小説「半分、青い」
    第2週の放送によって、
    かなり知られるようになりましたが、
    ヒロインが小学生のとき、病気で片耳を失聴してしまう。
    この失聴がムンプス難聴です。

    保護者からすると、「なにも症状がないし、本人にも聞こえが悪いという自覚がない」
    のに、突然「一側高度感音難聴」や「一側ろう」と診断され、かつ、治らないことを告げられ、
    絶望の淵に立たされる思いをする。しかも、それは「ワクチンで予防できる唯一の後天性感音難聴である」
    ということを知った際には、後悔と保護者としての責務にさいなまれることになる。
    (国立感染症研究所HPより引用)と記載があります。
    日本は先進国で唯一、おたふく風邪ワクチンの接種が定期接種化されていません。
    しかも、予防接種率は30~40%と低く、
    おたふく風邪の大流行を招いています。
    おたふくかぜワクチンの予防効果は、
    約90%程度と言われています。
    ワクチン接種しても感染して発症することがあるそうですが、
    症状の緩和はあるそうです。
    おたふくかぜワクチンの接種時期ですが、
    1歳を過ぎれば接種可能とのことです。
    接種費用は自己負担ですが、
    万一を考えて接種が良いのでは?と思います。

    ワクチンで防げる病気—VPD—

    VPDとは”ワクチンで防げる病気”のこと
    Vaccine(ワクチン)
    Preventable(防げる)
    Diseases(病気)の略です

    最後にこちらのページをご覧ください(バナーをクリック)
    流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)に限らず
    毎年多くの子どもたちが、ワクチンで予防できるはずの病気に感染して、
    重い後遺症で苦しんだり、命を落としたりしています。
    世界中に数多くある感染症の中で、
    ワクチンで防げる病気—VPD—はわずかです。
    防げる病気だけでも予防して、
    大切な子どもたちの命を守りましょう。

    3歳ごろのお子さんの成長と発達

    上田市行政チャンネルに、
    「3歳ごろのお子さんの成長と発達」の
    動画がありましたので是非ご覧ください。
    他にもかなり見ごたえのある動画満載でした。

    「はぐはぐ」

    テレビ西日本で放映の「はぐはぐ」です。
    子育てに関する番組を見ることが出来ます。
    公式ページはこちらです。
    子育ての様々な悩みも解決出来るかもしれません。
    是非ご覧ください。
    YouTube版もあります。